私に合わない!労働環境が自分と合わないと感じた看護師の転職方法

私に合わない!労働環境が自分と合わないと感じた看護師の転職方法


看護師さんにとっては勤務条件だけではなく、職場の労働環境というものも働く上でとても大切なものだと思います。もしも、そのような労働環境という側面で悩みを抱えているのであれば、転職によって改善を目指してみてはいかがでしょうか。

転職する病院の1番知りたいこと!なのに、看護師募集ページにほとんど載ってない労働環境

看護師を続ける上で大切なのが労働環境です。とても大変なお仕事なので、せめて環境だけは自分に最適化させる必要があります。

労働環境というのは、仕事をする場所の環境のことです。厳格な線引きがあるわけではありません。例えば、託児所が職場にあるのか休憩場所が職場にあるのか喫煙所が職場があるのか、などが挙げられます。つまり、簡単に言うなら職場の設備やルールのことを労働環境と言います。

転職で労働環境を変える方法はひとつ

転職によって労働環境を変える方法が一番手っ取り早い方法です。

その他の条件などの面では法律も介在してくることもあるので、直訴すればどうにかなる場合もあるのですが、たとえば託児所に関しては医療機関の考え方ひとつで決まるものなので、なかなか難しいのです。

そのため、転職によって最初から望んでいる労働環境が整っている医療機関に勤めてしまうのがベストなのです。

求人票を見ても労働環境に関する情報は記載されていない

しかしながら、もしも今まで自分で求人情報を見たことがあれば、ひとつ気づくと思います。

休憩場所の有無や喫煙所の有無まで、求人情報に載っているだろうか、と思うはずです。たしかにその通りで、求人情報にそこまで細かい情報が載っているケースは少ないと言えます。

また、病院のホームページ上にも福利厚生は細かく載っていないケースが多いのです。
都立病院の保育室の有無ですら、掲載していない病院もあります。

(関連記事 : ママさんナースが働きやすい都立病院は?では、都立病院の保育室の利用に関する内容をまとめています。)

では、転職をおこなう際に何を参考に労働環境が整っているのかを調べればいいのでしょうか。

看護師の転職エージェントがリサーチずみ

条件面で気に入った求人を見つけたら、職場を直接おとずれてみるのがよいでしょう。

ただ、複数の病院を1件ずつ回るのは手間ですよね。このような場合に効率よく労働環境を調べる方法として、看護師紹介会社を利用します。

看護師紹介会社のコンサルタントは、職場の労働環境や人間関係、雰囲気など、求人票には掲載されていない情報をすべて把握しているのです。

また、把握していない場合でもすぐに病院にヒアリングしてくれるので、自らが時間を割いて調べる必要がなくなります。

人それぞれ望んでいる労働環境は違うと思いますが、環境面で不満があるのであれば今の職場を変えるということを考えるのではなく、自分が望んでいる労働環境が最初から整っている医療機関に転職するという考え方をしてみてください。それこそが最善の策と言えると思います。

シェア

【優良】看護師求人サイト
定番はココ!転職成功実績豊富なコンサルタント多数 | ナース人材バンク
https://www.nursejinzaibank.com
的外れな求人を紹介してこない!働きやすい急性期病棟だけでなくケアミックス、クリニックなど幅広く医療機関の求人を紹介してくれます。

利用者の96.3%が転職先に満足!現場目線で看護師の気持ちを理解した転職支援 | マイナビ看護師
http://kango.mynavi.jp/
マイナビ看護師は現場目線にたった情報提供してくれるのが特徴です。師長の評判が良し悪し、最低年1回昇給するか、看護師に残業させないための対策をしているかなど、濃い情報があるので求人選びに役立ちます。

3年連続!看護師人材紹介満足度「第1位」を獲得。全国9万件の看護師求人 | ナースではたらこ
http://iryo-de-hatarako.net
扱っている求人数が多く、そのほとんどが非公開求人です。20代~40代の転職する看護師さんから人気があるのが特徴です。ちゃんと話しを聞いてくれるので、初めて転職サイト使う人も安心。

看護師が転職を成功させる25の方法の関連記事