育児休暇がある看護師の職場

育児休暇がある看護師の職場


看護師として仕事をしていても特に女性の場合は多いですし、今では男性の場合でも取ることが珍しくなっていないのが「育児休暇」です。このような休暇がないと退職しないといけませんので、制度がある病院がベストです。

育児休暇がある看護師の職場

育児休暇がない医療機関のケース

育児休暇がない病院に勤めていた場合、もしも出産が間近に迫って現場を一時的に離れたいとなった場合であっても、育児のために休暇をとるという考え方そのものがないということになってしまいますので、結果としては休暇ではなく退職するということになってしまうのです。そのため、育児が落ち着いたあとにはまたゼロから転職活動をおこなわなくてはならなくなるので、そのような手間を考えても育児休暇があったほうがいいのです。

男性の育児休暇も認められている

育児休暇と言えば、まだまだ女性がとるものというイメージが強いのですが、世の中では男性が育児に参加することも当たり前になりつつありますので、男性看護師の育児休暇というものも認められてきているのです。そのため、男女ともに育児休暇を得られる医療機関というのはそのような制度にとても理解のある医療機関ということが言えますので、どうせ転職をするのであれば、そのような理解のある医療機関に転職してほしいものです。

育児休暇の期間も要チェック

育児休暇という制度があるにはあっても、その機関が短いという場合もあるのです。そうなると、結果としては意味がないということになってしまう場合もありますので、単に制度があるかないかということだけではなく、その細かい条件などにも注目するようにしてください。また、育児休暇があっても取りにくい雰囲気になっている場合もありますので、実際にどの程度の人が利用しているのかなども知っておいたほうがいいと思います。

シェア

【優良】看護師求人サイト
定番はココ!転職成功実績豊富なコンサルタント多数 | ナース人材バンク
https://www.nursejinzaibank.com
的外れな求人を紹介してこない!働きやすい急性期病棟だけでなくケアミックス、クリニックなど幅広く医療機関の求人を紹介してくれます。

利用者の96.3%が転職先に満足!現場目線で看護師の気持ちを理解した転職支援 | マイナビ看護師
http://kango.mynavi.jp/
マイナビ看護師は現場目線にたった情報提供してくれるのが特徴です。師長の評判が良し悪し、最低年1回昇給するか、看護師に残業させないための対策をしているかなど、濃い情報があるので求人選びに役立ちます。

3年連続!看護師人材紹介満足度「第1位」を獲得。全国9万件の看護師求人 | ナースではたらこ
http://iryo-de-hatarako.net
扱っている求人数が多く、そのほとんどが非公開求人です。20代~40代の転職する看護師さんから人気があるのが特徴です。ちゃんと話しを聞いてくれるので、初めて転職サイト使う人も安心。

看護師求人の条件&待遇の関連記事