《国立病院 看護師》 国立病院で働く前に知っておきたい事

《国立病院 看護師》 国立病院で働く前に知っておきたい事


国立病院で働きたい看護師は数多くいます。ここでは、国立病院機構で働く良さや国立病院への転職に失敗しない方法をお伝えします。

国立病院機構で働きたい!公務員看護師になれるってつまりどういうこと?



国立病院で働く看護師は「国家公務員看護師」となります。公務員になるとは、つまりどういうことでしょうか。イメージがわかない看護師の方はぜひ参考にしてください。

公務員看護師は、民間病院に比べて月給が安いです。しかし、残業代がつきやすかったり、年金や退職金が高めです。一般の総合病院に比べると、科の異動がしやすいことや、国立病院は全国にありますので、他県の国立病院に異動を希望することもできます。

さらにボーナスも4ヶ月以上となっている場合が多いので、条件としては一般病院よりも良いです。


国立病院だからといって、すべての病院が働きやすい病院であるとは限りません。

病院の立地条件や看護師数、ベッド数によっては、一般病院と同じような働き方をすることになります。どの国立病院へ入職しても、待遇面に大きな差はありませんが、働きやすさは病院ごとに異なるでしょう。


国が運営している安心感と待遇の安定はある。国立病院の看護師になる前にしっかりチェックしなければいけないポイント

国立病院機構への転職で失敗しない方法は、看護師転職サイトに登録して、国立病院の実際に働かないとわからい看護部内部の情報を知ることです。

国立病院の働きやすさは、今働いている看護師の人柄、師長と部下、チームワーク、実際の残業や休暇消化状況、新人看護師の定着率など、様々な材料があってこそ、判断できます。

あなたが希望する国立病院が自分に相応しい場所なのか、国立病院への転職サポートを行なっているナースではたらこやナース人材バンクに登録して、情報を集め、転職が成功できるように徹底的に支援してもらいましょう。

看護師転職サイトによって、知っている情報が異なります。複数の看護師転職サイトを利用することで、より多くの国立病院の情報を調べることができるので、多くの看護師が2サイト~3サイトに登録しています。

よく読まれている国立病院の関連ページ
国立病院で働きたい看護師のための全国の国立病院一覧

シェア

【優良】看護師求人サイト
定番はココ!転職成功実績豊富なコンサルタント多数 | ナース人材バンク
https://www.nursejinzaibank.com
的外れな求人を紹介してこない!働きやすい急性期病棟だけでなくケアミックス、クリニックなど幅広く医療機関の求人を紹介してくれます。

利用者の96.3%が転職先に満足!現場目線で看護師の気持ちを理解した転職支援 | マイナビ看護師
http://kango.mynavi.jp/
マイナビ看護師は現場目線にたった情報提供してくれるのが特徴です。師長の評判が良し悪し、最低年1回昇給するか、看護師に残業させないための対策をしているかなど、濃い情報があるので求人選びに役立ちます。

3年連続!看護師人材紹介満足度「第1位」を獲得。全国9万件の看護師求人 | ナースではたらこ
http://iryo-de-hatarako.net
扱っている求人数が多く、そのほとんどが非公開求人です。20代~40代の転職する看護師さんから人気があるのが特徴です。ちゃんと話しを聞いてくれるので、初めて転職サイト使う人も安心。

看護師を募集する求人の種類の関連記事