慢性呼吸器疾患看護

気管支炎や肺炎など呼吸器系の病を慢性的に抱えてしまっている患者さんと向かっていくことになるのが慢性呼吸器疾患看護という分野の認定看護師に求められている仕事です。また、病状の悪化を防ぐなどの役割もあるのです。

呼吸器系の病に立ち向かうたとえば肺炎などは代表的なものですが、呼吸器系に疾患を抱えてしまっている患者さんというのはたくさんいるのですが、そのような人々と向き合っていくことが求められているのが慢性呼吸器疾患看護の分野における認定看護師の仕事となっています。呼吸器の疾患を患っている患者さんというのは慢性的なストレスも抱えてしまっている場合が多いので、病そのものへの理解だけではなく、患者さんの心に対す... >>詳細

救急看護

認定看護師は何かひとつの分野に対して優れた看護技術や知識を有している人だけが認定されるものなのですが、その分野は数多くあります。そして、そのひとつが「救急看護」という欠かせない分野の看護になるのです。

救急看護の認定看護師とは認定看護師には分野ごとに存在するわけですが、そのひとつが「救急看護の認定看護師」です。救急救命センターなどが設けられている医療機関はたくさんありますが、そこでおこなわれている医療こそが救急医療です。生死をわける可能性もある緊急事態が日常的におこるわけですが、ここでの優れた看護をおこなうことができる存在が「救急看護の認定看護師」ということになるのです。患者さんの命に直結する... >>詳細

皮膚・排泄ケア

消化管や尿管などに傷病がある患者さんにとってストーマは欠かすことができませんが、そのようなストーマの患者さんなどに対する専門的な知識を有している看護師が皮膚・排泄ケアの認定看護師ということになります。

ストーマケアがメイン認定看護師のひとつとして皮膚・排泄ケアの認定看護師という存在があるのですが、この認定看護師の場合、主な仕事としてはストーマケアがメインとなってきます。ストーマは人工肛門や人口膀胱ですが、このようなストーマを持っている患者さんのケアがその仕事となってきます。物理的なケアはもちろんなのですが、心の部分でのサポートも求められる仕事になりますので、高い知識を有している認定看護師という... >>詳細

集中ケア

単に「集中ケア」と聞くと何らかのケアをおこなう看護師のことを言っているように思うかもしれませんが、ここで言う「集中」というのは「集中治療室」などでも使われている集中なので、生命に関係してくる認定看護師なのです。

集中ケアの認定看護師とは「集中治療室」などで使われている「集中」という言葉ですが、このような設備にいる患者さんというのはご存知のように生命が危機的状況にある場合がほとんどです。片時も目を離すことなく対応することが求められる分野になるわけですが、このような場面において様々なケアをおこなっているのが「集中ケア」ということになります。患者さんへの対応はもちろんなのですが、それ以外にも家族などと向き合う... >>詳細

緩和ケア

日本人にとって避けたいと思っても避けられず、実際に多くの人が苦しんだり、命を落としてしまっているのが「がん」という病です。そんながんの患者さんに対して高い知識を有しているのが緩和ケアの認定看護師なのです。

がん患者の認定看護師認定看護師の分野のひとつに「緩和ケア」というものがあるのですが、この認定看護師の仕事はがん患者との向き合いということになると思います。がんに苦しんでいる人はたくさんいるのですが、ほかの病で苦しむ患者さんとは違い、かなり死に対する恐怖心や不安というものを抱いている場合が多いのです。そのため、がんに関する知識をきちんと持ったうえで、そのような患者さんと向き合っていくことが緩和ケア... >>詳細

がん化学療法看護

認定看護師になることができる分野というのは数多くあるのですが、その中には「がん化学療法看護」というものもあります。放射線治療などのがん医療において戦っている患者さんを看護している認定看護師なのです。

がん化学療法の看護とは何か日本にはたくさんのがん患者さんがいますが、その中には化学療法というものを用いて、病を克服しよう、乗り越えようとしている人もたくさんいます。たとえば放射線治療などはその代表的な例になると思いますが、このような治療と向き合っている患者さんをサポートしていくことになるのが、がん化学療法看護の認定看護師なのです。特に、放射線という特別なものを扱っていることもあり、この分野の認定... >>詳細

がん性疼痛看護

がんという病におされてしまった場合、あらゆる痛みが襲いかかってくることもあるのですが、そのような痛みに対する専門知識を持っていて、サポートしていくことになるのががん性疼痛看護の認定看護師の役割なのです。

がん性疼痛看護とは何かがん性疼痛看護と聞いてもいまいちピンとこないという人もいるかもしれませんが、「疼痛」というのは単純に言えば「痛み」のことです。つまりは、がんによる痛みに関する看護をおこなうことを「がん性疼痛看護」と呼んでおり、その分野における認定看護師という存在があるわけです。がんにおかされてしまうと、あらゆる痛みがおそってくることもあるわけですが、そのような痛みに関して専門的に向き合って... >>詳細

感染管理

何かが感染してしまうということはよく起こり得ることなのですが、抵抗力が弱まっているお年寄りや病人の場合には余計に気を使うことになります。そのような分野において活躍するのが「感染管理」の認定看護師なのです。

院内感染などに関するプロ感染というものは人から人へと移ることを言いますが、一人が何かを発症すればそれが瞬く間に周りの人へと広がってしまうこともあります。このようなことは医療機関や老人ホームなどで特に多いと言われています。やはり、体が弱まっている人ほどに感染しやすくなりますし、感染したあとに命を落としてしまう確率もあがります。そのために、感染を防いだり、感染してしまった際に迅速な対応をとれるように... >>詳細

糖尿病看護

今の日本で生活習慣病というものに悩んでいる人は多いのですが、その中でも特に多くの人が患っているのは「糖尿病」です。このような病などに関して高度な看護を提供しているのが糖尿病看護の認定看護師になるのです。

糖尿病を患う人は数多くいる認定看護師が担う分野のひとつとして「糖尿病看護」というものがあります。糖尿病は生活習慣病のひとつとして知られていますが、生活習慣病の中でも糖尿病というのはかなり多くの人が患っている病でもあります。そのため、そこには専門的な知識を持った看護師が対応していくことが求められているのですが、それはまさに糖尿病看護の認定看護師ということになるのです。その存在はとても重要なものにな... >>詳細

不妊症看護

毎年当たり前のようにたくさんの子供が生まれているのですが、中には不妊で悩んでしまっている人もたくさんいます。そのような不妊から脱するための治療に挑んでいる人に向き合うのが不妊症看護の認定看護師なのです。

不妊に悩む患者さんを救う子供を当たり前に妊娠し、当たり前に生んでいる人からは想像がつかないかもしれませんが、世の中には子供を欲しいと願いながらも妊娠しない、つまりは不妊という状態で悩んでしまっている人もたくさんいます。そのような人には不妊治療を施すことになるのですが、このような治療をすすめる中で精神的に追い込まれてしまう人もいますので、不妊症看護の認定看護師はそんな患者さんに寄り添って、治療を進... >>詳細

新生児集中ケア

認定看護師のひとつに新生児集中ケアを専門分野としている認定看護師もたくさんいます。生まれてすぐの子供たちと向き合うこととなりますので、その責任は重大ですが、やはり専門知識がないと対応できない分野なのです。

新生児のための認定看護師認定看護師のひとつの分野として「新生児集中ケア」があります。これはその名前の通りに新生児、つまりは生まれたばかりの赤ちゃんに対応していく分野です。お母さんの体から生まれてきたあとにすぐ病を背負ってしまう赤ちゃんもいますし、早産などで未熟なまま生まれてきてしまう赤ちゃんもいるのですが、そのような赤ちゃんが病院の力がなくても成長していけるように目指していくのがこの分野の特徴で... >>詳細

透析看護

臓器機能が働かなくなってしまった人にとって透析という行為によって生活を維持している人はたくさんいるのですが、そのような透析患者さんのための高度な看護を提供していくのが透析看護の認定看護師ということになるのです。

透析看護の認定看護師の存在透析看護というのは、その名前の通りに透析をおこないながら生活をしている患者さんに対しての看護をおこなっていくことです。この分野の看護においては、患者さんの肉体的な疲労はもちろんのこと、日々おこなわなければならない透析へのストレスなどの精神面にも配慮していくことが求められています。そのため、透析という行為のことはもちろん、透析患者のことなども理解している認定看護師という存... >>詳細

手術看護

様々な分野において様々な治療がおこなわれていますが、そのような中でも最大の治療と言えるのが手術という行為です。しかし、そこには不安などもつきまといますので、手術看護という分野が必要になっているのです。

手術に向き合う患者さんと向き合うあらゆる治療行為の中において、最大の治療と言えるのは手術です。しかしながら、手術というのは病を根絶させる可能性がある一方で、やはりそこには危険な部分もありますので、患者さんにしてみれば大きな不安を抱くということになってしまうのです。そのため、手術に向き合うことになって不安におちいってしまっている患者さんを精神面などからも支えていく看護が必要となっており、そのような... >>詳細

訪問看護

高齢者や療養者、障害者などが在宅において治療を進めている場合もあるのですが、そのような在宅の患者さんに対して適切な看護をおこなっていくのが訪問看護という分野であり、そこにも認定看護師の存在があるのです。

訪問看護の認定看護師の存在医療を必要としている人は必ずしも医療機関にいるというわけではなく、在宅の人もたくさんいるのです。そのため、在宅看護という分野も必要になっており、全国的にそのような看護を必要としている在宅の患者さんがたくさんいるわけですが、そのような分野だからこそ専門的な知識や技術を持っている看護師が必要となっており、認定看護師の分野の中にも「訪問看護」という存在があるのです。そのため、... >>詳細

摂食・嚥下障害看護

認定看護師は様々な分野ごとに存在しているのですが、その中に存在しているもののひとつに「摂食・嚥下障害看護」という分野があります。ぜひとも、このような分野の認定看護師を目指してみてください。

摂食・嚥下障害看護の認定看護師の役目体力的な問題などによって自分では食事ができなくなってしまったりした人に対してその介助などをおこなっていくことになるのが「摂食・嚥下障害看護」という分野です。このように言うと、単に食事することをサポートするだけのようなイメージを持つかもしれませんが、実際にはその病態なども全て把握した上で、単にサポートするだけではなく、自分で食事ができるようにトレーニングなどをおこ... >>詳細

小児救急看護

認定看護師という制度の中で比較的新しく認められた分野として「小児救急看護」という分野があります。この分野は子供のための治療だけではなく、子供の動き方などの特性も理解している必要がある看護分野と言えます。

小児救急看護の認定看護師とは認定看護師という制度の中でも比較的新しい分野が「小児救急看護」という分野です。これは子供の救急医療をサポートする看護ということになります。シンプルに考えればそれだけのこととなるのですが、実際には子供の特徴などを深く理解している必要があります。最近は幼児虐待などの問題も全国的に起こっており、親御さんが必ずしも子供の味方ではないという異質な状況にもあるわけです。だからこそ... >>詳細

認知症看護

高齢化社会の到来によって認知症患者というものも増えているのですが、状況次第では大きなトラブルなどを起こしてしまう可能性も秘めているのが認知症患者ですから、そこには専門知識を持った認知症看護という世界があるのです。

認知症患者は増えている高齢化社会が到来しているのは誰もが知っているところでしょうが、それに伴って認知症を患う人も増えています。つい先ほどしたことも忘れてしまうなど、本人にも患っている自覚がないままになっているのが認知症なのですが、そのような病を患ってしまい、家族などでも手がつけられないような状況になってしまっている人が増えているのです。だからこそ、そこには看護という手を差し伸べる必要がありますし... >>詳細

脳卒中リハビリテーション看護

脳卒中という病におそわれてしまう患者さんは国内だけでもかなりの数がいるわけですが、そのような患者さんが重篤化しないための看護や、早期の回復を促すための看護をおこなうのは脳卒中リハビリテーション看護の仕事なのです。

脳卒中と全面的に向き合う看護師今や脳卒中になってしまう人はとても多くなっているのですが、そのような患者さんを適切に看護していくことが求められているのが脳卒中リハビリテーション看護なのです。患者さんと最初に向き合った際には、病状が重篤化しないために適切なケアをおこなう必要がありますが、そのためには適切な知識に裏付けされた視点が必要となります。そのような役割を果たすのが脳卒中リハビリテーション看護と... >>詳細

がん放射線療法看護

がんという病と戦う人の中には放射線による治療という道を選ぶ人もいますが、治療がとにかく安全におこなわれることを目指して看護をおこなうのががん放射線療法看護の認定看護師に与えられた役割であると言えるのです。

放射線治療を選び人は増えているがんという病は状況次第では手が施せない場合もあるのですが、今は放射線による治療が多くなっており、以前であれば命を落としていたような人であっても治療によってがんから脱することもできるようになっているのです。そのため、がんになってしまった患者さんが放射線による治療を受けるという選択をしているケースが多くなっているわけです。そして、そのような現場に欠かせないのががん放射線... >>詳細

認定看護師とは?

看護師は看護師でも認定看護師という存在を聞いたことがあると思いますが、その詳細までは知らないという人も多いのではないでしょうか。しかし、認定看護師になるとメリットも多いので、ぜひとも目指してみてください。

認定看護師とは何か認定看護師というのは日本看護協会がおこなう審査にパスした看護師につけられる名称であり、とあるひとつの看護分野に関して優れた技術と知識を持っている看護師だけに与えられるものです。つまり、○○という分野においての認定看護師という呼ばれ方をすることになり、その分野においては一般の看護師を指導するなどの立場になるのです。そのため、このような認定看護師を目指して頑張っている看護師も世の中... >>詳細

認定看護師になるためには?

認定看護師になることによって自分自身がとある看護分野におけるエキスパートになることができるわけですが、そもそも認定看護師になるためにはいくつかの条件がありますので、まずはそのような条件を把握しましょう。

認定看護師になる条件とは認定看護師になるためには条件があります。まずは看護師の資格を持っているということです。そして、実務経験が5年以上あることが求められます。この5年間の実務経験のうち、3年以上は認定看護師として目指す分野の実務経験があることが求められます。つまりは、自分がエキスパートになろうとしている分野の現場での実務経験が求められるということになるのです。しかし、このような条件はそこまで難... >>詳細

認定看護師の給与と年収

認定看護師になることによって得られるメリットというのはいくつかあるのですが、特に職場での地位があがったり、それに伴って給料がアップするなどのケースも珍しくありませんので、この点は特に注目しておきましょう。

認定看護師になると地位が向上日本看護協会によって認定され認定看護師となった暁には、職場での地位があがるケースも多いと言われています。これは職場サイドが最終的には判断することなので確実にということではないですし、決まりがあるわけでもないのですが、ほとんどの場合には認定看護師になるとほぼ同時に職場における役職があがったり、責任あるポストを任されたりすることが多くなっています。責任も増しますが、そのぶ... >>詳細

慢性心不全看護

慢性心不全看護の認定看護師というのは、慢性的な心不全によって苦しんでいる患者さんの看護をおこなうこととなり、その治療に携わるのはもちろんのこと、最終的には自分自身で生活していけるようにサポートしていく役目があります。

慢性心不全看護の認定看護師慢性心不全看護の認定看護師の最も大きな仕事と言えば、それは慢性的な心不全によって苦しんでいる患者さんと向き合い、その治療に携わっていくことです。病に関する知識を有していることはもちろんなのですが、病状の特徴なども完璧に把握し、さらには生活の改善などを促していくなど、患者さんが慢性的な心不全から脱することができるようにサポートしていくことも重要な仕事となっていますので、そ... >>詳細

乳がん看護の認定看護師の役目

認定看護師分野のひとつ「乳がん看護」について解説しています。

乳がんという病は女性に多いのですが、この病による治療によって体がかつてとは違うものになってしまったりすることもあります。それによって命は守られたとしても女性にとっては自らの体が変わってしまったことによって悲しみなどを抱いてしまうことも多いものです。そのようなときにも乳がん看護の認定看護師は逃げ出すことなく向き合い、その心理的な負担と向き合い、様々な支援をおこなっていくことが大切な役割となってい... >>詳細