大学病院看護師の給料・年収は、438万円~555万円

大学病院看護師の給料・年収は、438万円~555万円


大学病院の看護師の給料は438万円~555万円です。このページでは年収が高い大学病院の紹介や大学病院に向いている看護師を紹介しています。大学病院への転職を検討しているならご覧ください。

大学病院看護師の年収は、438万円~555万円!地域によって差が大きいのが特徴

大学病院で働く看護師の年収は438万円から555万円となっています。これは大学病院のエリアによって100万円以上も差があるということが分かります。

少しでも年収が高い大学病院で働きたいという希望があるのなら、まずは年収が高い大学病院の求人をチェックしてみましょう。

看護職員の年収が平均500万円台の大学は、東北大学、東京大学、富山大学、京都大学、大阪大学、九州大学、琉球大学の7病院

大学病院の中でも看護職員の年収が高額なのは、東北大学、東京大学、富山大学、京都大学、大阪大学、九州大学、琉球大学になります。

年収500万円以上も夢ではない職場なので、最先端の医療に携わりたい、キャリアアップしたいという夢と同時に年収アップも叶えることができるのです。

大学病院の初任給は新卒で22万円。中途で29万円(4大卒の場合)

ただ、勤続年数やキャリアなどによって年収は大きく異なります。例えば、大学病院の初任給は4年生大学を卒業した人でも22万円、途中採用でも29万円といったところ。

他の病院とほとんど変わらない給与になりますが、勤続したり資格を取得したりすることで、徐々に収入が高くなっていくでしょう。

看護部長の年収は、700万円以上!50代看護部長の平均月給が約50万円

大学病院の年収で注目してもらいたいのが、管理職クラスの収入です。看護部長の場合だと、年収が700万円以上となり、平均月給は50万円前後となっています。

他の職業と比較しても50代でこれだけの収入を得ているという人はなかなかいないはず。そのくらい管理職になれば収入に期待することができるということです。

給料が高い、働きやすい、学びやすい病院で働きたいなら大学病院は合わないかも

1つだけ考えておきたいのは、大学病院のスキルは、民間病院で活かしにくいということです。大学で長く働くなら早いうちに入って、経験しておいたほうが良いでしょう。

給料や働きやすさ、やりたい分野を求めるなら、民間病院の正看護師の方が良い場合もあるということを覚えておきましょう。働きたい地域の病院看護師に詳しいコンサルタントに相談してみると、自分が求めるような働き方ができる求人を紹介してもらえるはず。相性の良い病院を探したいなら、看護師転職サイトを有効に活用してみてください。

まとめ

大学病院で働きたい、大学病院で働いた後に民間病院で活躍したいなど、ひとりひとりの看護師の希望に沿った形を実現してくれるのが看護師転職サイトです。いろいろと相談しながら、自分にピッタリな職場を探していきましょう。

シェア

【優良】看護師求人サイト
定番はココ!転職成功実績豊富なコンサルタント多数 | ナース人材バンク
https://www.nursejinzaibank.com
的外れな求人を紹介してこない!働きやすい急性期病棟だけでなくケアミックス、クリニックなど幅広く医療機関の求人を紹介してくれます。

利用者の96.3%が転職先に満足!現場目線で看護師の気持ちを理解した転職支援 | マイナビ看護師
http://kango.mynavi.jp/
マイナビ看護師は現場目線にたった情報提供してくれるのが特徴です。師長の評判が良し悪し、最低年1回昇給するか、看護師に残業させないための対策をしているかなど、濃い情報があるので求人選びに役立ちます。

3年連続!看護師人材紹介満足度「第1位」を獲得。全国9万件の看護師求人 | ナースではたらこ
http://iryo-de-hatarako.net
扱っている求人数が多く、そのほとんどが非公開求人です。20代~40代の転職する看護師さんから人気があるのが特徴です。ちゃんと話しを聞いてくれるので、初めて転職サイト使う人も安心。

看護師の年収と給料の関連記事