【うつ病院看護師】 看護師を辞めずにうつ病を治す方法と再発防止について

【うつ病院看護師】 看護師を辞めずにうつ病を治す方法と再発防止について


看護師に多い病気として「うつ病」があげられます。患者さんのお世話に明け暮れながら、同僚や上司との関係に疲れ、夜勤や休出、残業で体はヘトヘト。さらに人の命を預かる重大な仕事を日々こなしているのですから、疲れないはずはありません。過度の疲労やストレスからうつ病にかかることは決して珍しくないのです。

もしもあなたがうつ病になってしまったら……

うつ病と言っても症状の重さはさまざま。しばらく静養すれば治るレベルから、数年単位で治療が必要なケースまであります。看護師を辞めずにうつ病を治すためには「無理をしないこと」。あがむの法則(あせらない・頑張り過ぎない・無理しない)を心にとめ、休職や休みを長めにとらせてもらうなどの対処が必要です。本当に看護師の立場や健康を考えている職場なら、長期休暇や休職も認めてくれるはず。

うつ病は投薬治療でかなり改善するようになりました。ただ少し調子がよくなったからといって、通院をやめたり服薬をやめるとすぐに再発するのもこの病気の特徴です。再発を予防するためには、まず勝手な判断で服薬や通院をやめないこと。少しでも体調がすぐれないと感じたら無理をしないこと。調子がいいと感じ無理をすると再発することもあります。何度も再発を繰り返すと、治りにくくなるので注意が必要です。

薬を飲みつづけ、回復期になるとかなり体調も良くなります。そこで「病気が完治した」と思いこみ、以前のように100%の力で仕事をすると再発しやすくなります。病気の回復期は、本来もつ力の7割程度の力で仕事をしましょう。決して焦らないように。医師の診察を受けながら、少しずつ社会復帰していきましょう。

周囲の人たちも、うつ病の同僚には配慮してあげましょう。本人としては「頑張りたい」という気持ちに満ちているのですが、思うように仕事ができないジレンマを抱えています。そこへ「もっとしっかりしなさい」「甘えている」というような言葉をかけると本人が傷つきます。好きで病気になったわけではありません。同僚の気持ちを汲み「無理しないでね」という優しい言葉をかけてあげたいものです。

うつ病は風邪のようなもの、と言われています。誰がいつ発症してもおかしくないありふれた病気なのです。だからこそゆっくり焦らずに治療していきましょう。

シェア

【優良】看護師求人サイト
定番はココ!転職成功実績豊富なコンサルタント多数 | ナース人材バンク
https://www.nursejinzaibank.com
的外れな求人を紹介してこない!働きやすい急性期病棟だけでなくケアミックス、クリニックなど幅広く医療機関の求人を紹介してくれます。

利用者の96.3%が転職先に満足!現場目線で看護師の気持ちを理解した転職支援 | マイナビ看護師
http://kango.mynavi.jp/
マイナビ看護師は現場目線にたった情報提供してくれるのが特徴です。師長の評判が良し悪し、最低年1回昇給するか、看護師に残業させないための対策をしているかなど、濃い情報があるので求人選びに役立ちます。

3年連続!看護師人材紹介満足度「第1位」を獲得。全国9万件の看護師求人 | ナースではたらこ
http://iryo-de-hatarako.net
扱っている求人数が多く、そのほとんどが非公開求人です。20代~40代の転職する看護師さんから人気があるのが特徴です。ちゃんと話しを聞いてくれるので、初めて転職サイト使う人も安心。

看護師の転職の悩みと仕事の悩みの関連記事