お礼奉公中の看護師が職場を辞める方法3つと転職のコツ

お礼奉公中の看護師が職場を辞める方法3つと転職のコツ


お礼奉公中の看護師は辞めることができるの?お礼奉公中に「病院を辞めたい」と思ってしまうことがあり、辞めるためには借りた奨学金の返済義務が生じます。「それでも辞めたい」看護師の方に参考にして欲しい辞める方法と転職のコツを紹介しています。

お礼奉公中だけど、もう辞めたい!

学校から奨学金を借りて看護師になったのはいいけれど、系列の病院で働きはじめたら休みのない過酷な環境と陰湿ないじめ、患者やスタッフとのトラブルなど辛いことの連続……。

「もう辞めてしまいたい」と思っても、一定期間過ぎるまで仕事をする契約。でも安心してください。お礼奉公中に、病院を辞めることはできるのです。

看護師がお礼奉公中に辞める方法

看護師がお礼奉公中に辞めるには、以下の3つの方法があります。お金が必要な場合もありますので、よく検討してください。

奨学金を残額返済すれば退職できる

奨学金をきれいに返済すれば、お礼奉公中でも転職できます。

勤務先の病院とどのような契約になっているかにもよりますが、借りた奨学金を全額返済すれば問題ありません。5年間指定された病院で働くという約束を3年しか果たされなかったとしたら、残り2年分の奨学金の返済義務が生じることになります。

でも、2、3年で辞めたいとなると、50万円~100万円以上のお金が必要です。そこで、次の方法があります。

転職先の病院に奨学金を肩代わりしてもらう

転職先の病院に奨学金を肩代わりしてもらうことです。もしほかに働きたい病院があるなら、その病院と交渉して奨学金を一括で肩代わりしてもらえるようにお願いしましょう。

病院であればまとまったお金が出せるものです。

ただこのような交渉は看護師が個人で行うには荷が重すぎます。看護師専門の転職サイトで、担当者一任しましょう。

こうして、転職成功することができるのですが、肩代わりしてもらった以上、借金がある状態でコロコロ職場を変えることはできません。チャンスは1回だと思った方が良いです。

お礼奉公中に妊娠した場合は転職が難しい

お礼奉公中に妊娠して辞めようとしたら辞めることができないという悩みを持つ看護師さんもいます。 お礼奉公中に妊娠した場合は、産休育休を取得するケースが多く、退職することは不可能に近いでしょう。また、妊娠してしまったので、転職することも難しいので、まずは産休を取得し、一括で奨学金を返済してから退職手続きという流れになります。

転職に失敗しない&奨学金肩代わりの病院の見つけ方

まずは、看護師求人サイトに登録して「お礼奉公中でも転職したい」という内容で相談するのがおすすめです。

転職先として条件に合った求人を紹介すると同時に、奨学金の返済額についても勤務している病院と交渉してくれます。

転職先の病院が奨学金の肩代わりをしてくれるかどうも担当者が確認。あなたは何もしなくても、お礼奉公中に転職活動ができます。

お礼奉公中に退職したい相談はこちら

お礼奉公という制度、以前はさまざまな業種に存在したのですが今は看護師の世界にしか残っていません。

とてもありがたい制度ではあるのですが、現代には合わないのかお礼奉公中に転職したい看護師からの相談がとても多いのが現状です。看護師転職コンサルタントは、たくさんのノウハウでお礼奉公中の看護師の転職を支援しているので、頼りになります。

下記の3つの看護師転職サイトなら、お礼奉公中の転職もサポートしてくれますので、まずは相談してみてください。

シェア

【優良】看護師求人サイト
定番はココ!転職成功実績豊富なコンサルタント多数 | ナース人材バンク
https://www.nursejinzaibank.com
的外れな求人を紹介してこない!働きやすい急性期病棟だけでなくケアミックス、クリニックなど幅広く医療機関の求人を紹介してくれます。

利用者の96.3%が転職先に満足!現場目線で看護師の気持ちを理解した転職支援 | マイナビ看護師
http://kango.mynavi.jp/
マイナビ看護師は現場目線にたった情報提供してくれるのが特徴です。師長の評判が良し悪し、最低年1回昇給するか、看護師に残業させないための対策をしているかなど、濃い情報があるので求人選びに役立ちます。

3年連続!看護師人材紹介満足度「第1位」を獲得。全国9万件の看護師求人 | ナースではたらこ
http://iryo-de-hatarako.net
扱っている求人数が多く、そのほとんどが非公開求人です。20代~40代の転職する看護師さんから人気があるのが特徴です。ちゃんと話しを聞いてくれるので、初めて転職サイト使う人も安心。

看護師の転職の悩みと仕事の悩みの関連記事