面接官に好印象を与える看護師ってどんな履歴書を書いたの?履歴書の書き方を教えます!

面接官に好印象を与える看護師ってどんな履歴書を書いたの?履歴書の書き方を教えます!


転職で絶対に欠かせない面接。面接官に好印象を与えるためには、履歴書の書き方にコツがあります。ここでは看護師が面接を成功させる履歴書の書き方とポイントについて紹介していきましょう。

こんな感じでOK!って思ったら大間違い!面接前に好印象を与えないと、忙しい病院は面接すらしてくれない可能性あり

自分だけの力で履歴書を作成する人は多いはず。最近はネットでたくさんの情報を得ることができるので、インターネットで調べて履歴書の書き方を調べることができます。

「これで大丈夫だろう」と思ってその履歴書を病院側に提出した場合、なぜか履歴書で落とされてしまうというケースも珍しくないようです。その場合、面接すらもしてもらうことができず。自分をアピールすることなく不完全燃焼で終わってしまうでしょう。

自分ではわからない欠点があり、病院側に魅力が伝わらないまま不採用になってしまうということです。

これだけは抑えたい履歴書を書くポイント3つ

絶対に抑えておきたいポイントが3つあるので、今後の履歴書作成の際の参考にしてみてください。

まず1つ目は、文字の書き方です。1文字1文字、丁寧に書くということが大切。もちろん、誤字、脱字をしないというのは大前提ですね。

心を込めて書いた文字は、必ず面接官に伝わります。仕事に対する熱意を文字から伝えることができるから、それだけで好印象を与えることができるでしょう。

2つ目は、病院側が求めている人材に当てはまっているかということ。病院によって欲している人材の特徴が異なっているので、事前に病院側の情報を集めておき、病院が求める人材を理解しておく必要があるでしょう。

そして得た情報からその病院にマッチした志望動機や自己PRを記入していってくださいね。これで病院側にアピールすることができ、他の看護師たちとの差をつけることができるのです。


3つ目はこれまでの職務経歴をいかにアピールするかという点です。今までどういう職場で働いていたのか、どんな能力を培うことができたのかなどを記載することであなたの魅力を理解してもらいやすくなります。

特殊な分野や機器を扱ったことがあるのなら、それもPRの1つになるでしょう。

書くときに1番悩むのがコレ!「志望動機」と「自己PR」

履歴書作成において最も悩むポイントは、志望動機と自己PRだと思います。自分を表現するチャンスではあるものの、どうやって書いたらいいのが分からないという人が多いと思います。

ネットで調べて見てもテンプレートのような文章になってしまい、オリジナリティのない定型文になってしまうはずです。

転職コンサルタントに添削してもらった方が良い

そういった履歴書作成での不安や疑問を解消するには、転職コンサルタントの力が必要になります。

看護師転職サイトを利用すると、コンサルタントに直接サポートしてもらうことができます。履歴書作成だけでなく、その他の活動も徹底的にバックアップしてくれるので安心です。

まとめ

転職活動で必要になる履歴書の悩みを解消するなら、やはり転職サイトが有効です。コンサルタントに協力してもらいながら、自分をアピールする履歴書を作成していきましょう。履歴書よりも職務経歴書の方が書いて良いこといけないことで悩むという方は、看護師の職務経歴書の書き方も併せてご覧ください。

シェア

【優良】看護師求人サイト
定番はココ!転職成功実績豊富なコンサルタント多数 | ナース人材バンク
https://www.nursejinzaibank.com
的外れな求人を紹介してこない!働きやすい急性期病棟だけでなくケアミックス、クリニックなど幅広く医療機関の求人を紹介してくれます。

利用者の96.3%が転職先に満足!現場目線で看護師の気持ちを理解した転職支援 | マイナビ看護師
http://kango.mynavi.jp/
マイナビ看護師は現場目線にたった情報提供してくれるのが特徴です。師長の評判が良し悪し、最低年1回昇給するか、看護師に残業させないための対策をしているかなど、濃い情報があるので求人選びに役立ちます。

3年連続!看護師人材紹介満足度「第1位」を獲得。全国9万件の看護師求人 | ナースではたらこ
http://iryo-de-hatarako.net
扱っている求人数が多く、そのほとんどが非公開求人です。20代~40代の転職する看護師さんから人気があるのが特徴です。ちゃんと話しを聞いてくれるので、初めて転職サイト使う人も安心。

看護師の面接対策の関連記事