「過去のケーススタディや実績」を聞かれたときの答え方

「過去のケーススタディや実績」を聞かれたときの答え方


面接時に過去の実績などを問われることがあります。どういう受け答えをすれば面接官に好印象を与えられるのでしょうか?面接時に使える答え方やポイントを紹介しています。

ケーススタディを聞かれるケースが多い面接は「同じ分野」への転職

「これまでどういうことをしてきたか」という質問をされるのは、同じ分野に転職をするケースがほとんどです。

病院側はこれまでどういうことをしてきたのか、即戦力になるかを見ています。今までどういう業務をして、どんな能力を身につけてきたのかを自分の言葉で伝えていきましょう。

病院側は過去の実績やケーススタディを聞いて、どの程度活かせるのかを判断している

病院側が過去の実績を知りたがる理由は、あなたがどのくらい現場で活躍してくれるのかを判断するためです。同じ分野で働いていたということは、現場の即戦力として働ける可能性が高いと考えています。

病院によって方針や特色などはさまざまなので、病院にとってメリットのある存在かどうかを見極めたいのでしょう。

違う分野に転職する場合も、過去のレポートを引っ張り出しておくと吉

例え違う分野へ転職をする際でも、過去にどういう仕事をしてきたのかを知るために、過去のレポートを一度引っ張り出してみましょう。これまでの実績や学んできたことなどを改めて確認するきっかけになります。忘れていたことを思いだし、自己アピールの参考にすることができるはずです。

面接で聞かれる可能性があるか、転職コンサルタントにヒヤリングしておくとちょっと心に余裕がでる

面接に行く前には、看護師転職サイトのコンサルタントに相談してみてください。

コンサルタントは質問される内容をほぼ把握しています。その上で面接アドバイスをしているのです。そのため、事前にどんな質問がされるのかを聞くことで、少しは安心することができるはずです。

コンサルタントは各病院の面接の傾向を把握しているので、どの病院でどういう面接を行っているのかを理解しています。

質問内容や面接官の人柄など、なかなか把握できないことまで教えてくれるので、心にゆとりを持って面接本番に臨むことができるでしょう。

まとめ

面接時に質問されやすい内容や知っておいて得をする情報、自分をアピールする方法などを知っておけば、転職活動を有利に進めていくことができます。転職サイトを活用して、面接を有利に進めていけるように今のうちから登録をして準備しておきましょう。

シェア

【優良】看護師求人サイト
定番はココ!転職成功実績豊富なコンサルタント多数 | ナース人材バンク
https://www.nursejinzaibank.com
的外れな求人を紹介してこない!働きやすい急性期病棟だけでなくケアミックス、クリニックなど幅広く医療機関の求人を紹介してくれます。

利用者の96.3%が転職先に満足!現場目線で看護師の気持ちを理解した転職支援 | マイナビ看護師
http://kango.mynavi.jp/
マイナビ看護師は現場目線にたった情報提供してくれるのが特徴です。師長の評判が良し悪し、最低年1回昇給するか、看護師に残業させないための対策をしているかなど、濃い情報があるので求人選びに役立ちます。

3年連続!看護師人材紹介満足度「第1位」を獲得。全国9万件の看護師求人 | ナースではたらこ
http://iryo-de-hatarako.net
扱っている求人数が多く、そのほとんどが非公開求人です。20代~40代の転職する看護師さんから人気があるのが特徴です。ちゃんと話しを聞いてくれるので、初めて転職サイト使う人も安心。

看護師の面接対策の関連記事