オペ看(手術室看護師)ってなんかオーラあるw 何気に人気の職場って知ってた?土日休みが多かったりするから☆

オペ看(手術室看護師)ってなんかオーラあるw 何気に人気の職場って知ってた?土日休みが多かったりするから☆


看護師が仕事をする場所としては大きな医療機関であれば当然設けられている手術室もそのひとつになります。手術専門の看護師という仕事もあり、スペシャリストではあるのですが、目指してみてもいいのではないでしょうか。

オペ看(手術室看護師)ってなんかオーラあるw 何気に人気の職場って知ってた?土日休みが多かったりするから☆



看護師が活躍する環境は多々ありますが、その中でも働いているイメージがつきにくいのが手術室。オペ看護師に手術室で働くってどうなの?って思いますよね。

クールな看護師がバリバリと仕事をこなしているイメージがあり(ドラマの影響?)格好良い印象があるけど、手術室看護師の現場は閉鎖されているため、いざ自分が働こうと思っても、そのイメージがつきにくい。

仕事内容もテキストで読んだレベルではイメージがつきにくいと思います。

ここでは、そんな閉鎖されたオペ看に関する情報をまとめてみました。

オペ看をざっくり言うと

実は生活リズムが作りやすい。オンオフ充実できるのがオペ看ならではの魅力!



病棟勤務では実現しにくい手術室看護師のメリットは土日休み。が多いという点です。

こちらの記事もおすすめ

土日休みで働いてる看護師っているの?わがまま条件で働ける求人探しはココにお任せ!
看護師だって土日祝日休みで働ける職場があるって知ってますか?看護師求人を探す時、土日祝日休みの求人を見つけるポイントを紹介しています。

手術という緊迫した空気が流れている緊張感のある仕事内容ですが、実はプライベートが充実させられる意外なところも。

夜勤なしの病院もありますが、夜勤や自宅待機のオンコールがある病院もあります。病院の選び方次第では、夜勤なし、土日休みで働くことが可能です。

夜勤なし?!ってことは、オペ看護師の給料は安いんじゃないの?

手術室看護師は平均480万円前後。夜勤なしの手術看護師の年収の平均は440万円です。

日勤のみの病棟看護師の平均年収が400万円弱なので、病棟看護師と比べると手術室看護師の年収は高いです。

夜勤ありに関しても病院によっては夜勤手当が1万円以上なので、夜勤ありの病棟よりも年収は高くなります。

また、手術室看護師は、危険手当など病棟看護師には無い手当てがつきます。その分上乗せになると考えて良いです。

病棟看護師の給料と病院やオペ回数を調べないとオペ看になれない



病院ごとにオペ室看護師の方が給料が高い病院と病棟看護師の方が給料が高い病院にわかれます。同じくらいって病院はあまり無さそう。

病棟看護師の方が給料が高いという病院は、緊急オペや当直が少ないため、給料が安いだけでなく、病棟や外来兼手術室勤務になるのでオペ看としての実績も作りにくいと言えます。

手術看護師は現在も不足中。オペ室要因を募集するわけではなく配置転換で人手不足を解消することも



オペ看は高度な技術や豊富な知識が必要なため、看護経験のある人が活躍する現場という印象がありますが、実は新卒で配属される看護師も多いのです。

もちろん、病棟経験のある看護師が優遇されますが、未経験の看護師も歓迎しているところもあるので、そこまで不安になったり、構える必要はありません。

病棟からオペ看になるなら、病棟経験者が多い病院に入るのが良い

手術室看護師の現場の雰囲気は良好で、スタッフ同士の仲が良い現場が多い傾向があります。ただし、大学病院や公立病院は別かも知れません。

緊急オペが1週間に1回ある急性期の場合、自宅待機や院内待機が多くなるため、ピリピリした看護師が多くなります。どんな環境でオペ室の経験を積みたいかよく考えましょう。

未経験や新卒看護師は最初は覚えることが多い



経験のある看護師でも仕事内容が病棟とはまったく違うので、手術室専属看護師になるなら1からのスタートとなります。

  • 器械出し看護
  • 感染対策
  • オペ室の環境管理・患者管理・薬剤管理・物品管理
  • 麻酔の知識(麻酔中のモニタリングや輸液・循環管理・呼吸管理)

上記内容など、覚えることはいろいろあります。

器械出しのイメージが強いですが、手術に関する説明など患者と接する機会もあります。患者さんの手術への不安を解消してあげるのも手術室看護師の役目です。

実際に働いたらセミナーに参加しよう

日本手術看護学会で「手術室看護師に必要な麻酔の基礎知識を理解する」「手術を受ける患者の安全を守るため、器械出し看護の基礎知識を学び、実践に活かす」などのセミナーが開催されています。

参加することでイメトレしやすくなったり、自信もつきます。結局のところ手術室に限らず、どれだけ勉強熱心になれるかが看護の仕事の質を高めることに繋がると思うので、オペ看としてスキルや経験を身に付ける努力ができる方は、オペの経験を他の現場でも活かせるはずです。

看護師転職サイトを使わないと、土日休み&年収高い病院は見つからない



オペ看護師は不足しているので、求人を見つけるのは比較的簡単です。手術室で働くなら病棟より高い給料の病院じゃないと最初は覚えることが多いので割に合わないと感じます。

「よし!手術室で頑張ろう!」と転職しても、オペ件数が少ない病院の場合、外来や病棟勤務の方が多くなります。

大規模病院で自宅待機で呼ばれたら30分以内行く」「緊急オペをやらないクリニックで安定して働く」「病棟や外来と掛け持ちせず、オペ室専門として働きたい」など、希望の働き方を伝えると、希望通りの環境の手術室求人を紹介してくれます。

調べた結果。条件が良いオペ室の求人が見つかる看護師求人サイト

オペ室の看護師求人は、他の科に比べるとピンポイントで募集されない傾向があります。

募集内容に

1.病棟
2.手術室


と書かれることがほとんど。

そして、手術室の看護師求人は、未経験歓迎でも働けるのかということを求人票に記載されていませんし、手術室看護師を募集しているにも関わらず、年間オペ回数などが求人票に書いてない

求人に書いてある情報が少ないのが特徴なのです。これでは直接応募するのは抵抗がありますよね。

そこで、手術室で働きたい方はマイナビ看護師ナース人材バンクにを利用して情報を集め、転職先選びを行っています。

「オペ室求人を探していて・・・」
「手術室看護師を募集している良い病院ないですか?」
「○○のオペが多い病院で働きたい」

など、転職先選びの相談から行っています。

さらに、看護師求人サイトを利用すると、下記のような求人に書いてない情報も調べてもらえます。

  • 年間オペ回数
  • どんな手術が行われているか
  • 夜勤や当直がないか
  • 自分が手術室に向いてるのか

これらの情報提供を依頼することは、調べる手間が省けるだけでなく、転職先選びに大いに役立ちます。

また、「働いたことはないけど、オペ看護師に興味がある」という方は、マイナビ看護師の転職コンサルタントは感じが良いので、気軽に相談してみてください!

マイナビ看護師に転職相談(無料)する

最後に

手術室看護師求人の詳細は自分では調べられないことが多いです。転職は検討してるけど、オペ室勤務についてもっと詳しく知ってから考えたいという相談は看護師転職サイトにすると、先立つ情報が手に入ります。

シェア

【優良】看護師求人サイト
定番はココ!転職成功実績豊富なコンサルタント多数 | ナース人材バンク
https://www.nursejinzaibank.com
的外れな求人を紹介してこない!働きやすい急性期病棟だけでなくケアミックス、クリニックなど幅広く医療機関の求人を紹介してくれます。

利用者の96.3%が転職先に満足!現場目線で看護師の気持ちを理解した転職支援 | マイナビ看護師
http://kango.mynavi.jp/
マイナビ看護師は現場目線にたった情報提供してくれるのが特徴です。師長の評判が良し悪し、最低年1回昇給するか、看護師に残業させないための対策をしているかなど、濃い情報があるので求人選びに役立ちます。

3年連続!看護師人材紹介満足度「第1位」を獲得。全国9万件の看護師求人 | ナースではたらこ
http://iryo-de-hatarako.net
扱っている求人数が多く、そのほとんどが非公開求人です。20代~40代の転職する看護師さんから人気があるのが特徴です。ちゃんと話しを聞いてくれるので、初めて転職サイト使う人も安心。

看護師の業務内容と給料 (診療科別)の関連記事