心療内科看護師がゆったり働けるっていうのはウソっぽい。ストレス社会の実態をリアルに感じる心療内科看護師

心療内科看護師がゆったり働けるっていうのはウソっぽい。ストレス社会の実態をリアルに感じる心療内科看護師


看護師の仕事先には様々な科目があるのですが、その中でも最近多いのが「心療内科」です。医療関係者であっても精神科などと混同してしまう人もいるのですが、心療内科は独立した科目であり、重要な医療機関なのです。

心療内科看護師がゆったり働けるっていうのはウソっぽい。ストレス社会の実態をリアルに感じる心療内科看護師

表面的には楽そうだけど、実は自分自身がストレスを強く感じる大変な場

ストレス社会と言われる今、心療内科の需要が年々高まっています。医師はもちろん、看護師の需要も高く、多くの心療内科クリニックでは常に看護師を募集している状態です。他の診療科と比べると、業務が楽なイメージがありますが、実際働いてみないと分からないことは多々あるでしょう。心療内科で働く看護師の多くは、「精神的なストレスを感じる」と訴え、自分が受診したいくらいだと思っている人もいるようです。

他の現場とは違い、慌ただしさはありませんが、その分かなりのストレスを感じる、内面への負担が大きい現場と言えます。心の病んだ患者の対応は思っている以上に大変なもので、予想以上にストレスの蓄積される仕事になるのです。「楽そうだから」という理由で心療内科に入職した場合、大抵は根を上げて他の科へ移ることになるでしょう。

年々心療内科に患者数が増加傾向にあるのが現状。都心ビルにあるクリニックの看護師は忙しい

先に書いたように、毎年心療内科の患者数は増加しています。厚生労働省は、3年に1度、うつ病などの患者数をまとめ、発表していますが、1993年では約43万人だった患者数が、99年で約44万人、2002年で約71万人、2005年で約92万人、2008年になるとなんと100万人以上の患者数になっているのです。そのくらい、ストレスや精神的な負担を感じる人が増えているということです。

心の病を発症した人が増加するだけ、心療内科に勤める看護師の必要性が高まり、1人の看護師にかかる負担が大きくなっていくのです。特に、都心部を拠点とする人の多くがストレスを感じていて、都心ビルに所在する心療内科クリニックは常に予約でいっぱいのところも。クリニックによっても1日に訪れる患者数は異なりますが、都心にいくにつれて負担やストレスの多い現場出働くことになるでしょう。

静かな環境を好む患者が多いから、院内はほとんど話し声のしない環境が多い

現場の雰囲気は静かなのは、患者の心に余裕がないということも1つの要因です。必要最低限の話声しか聞こえてこないという雰囲気の職場が多く、看護師側から患者に積極的にコミュニケーションを図ることもありません。静かな環境を好む傾向があるので、淡々と仕事をこなせる、患者との間のコミュニケーションで悩むことはないというのは、診療内科で働く看護師のメリットです。

シェア

【優良】看護師求人サイト
定番はココ!転職成功実績豊富なコンサルタント多数 | ナース人材バンク
https://www.nursejinzaibank.com
的外れな求人を紹介してこない!働きやすい急性期病棟だけでなくケアミックス、クリニックなど幅広く医療機関の求人を紹介してくれます。

利用者の96.3%が転職先に満足!現場目線で看護師の気持ちを理解した転職支援 | マイナビ看護師
http://kango.mynavi.jp/
マイナビ看護師は現場目線にたった情報提供してくれるのが特徴です。師長の評判が良し悪し、最低年1回昇給するか、看護師に残業させないための対策をしているかなど、濃い情報があるので求人選びに役立ちます。

3年連続!看護師人材紹介満足度「第1位」を獲得。全国9万件の看護師求人 | ナースではたらこ
http://iryo-de-hatarako.net
扱っている求人数が多く、そのほとんどが非公開求人です。20代~40代の転職する看護師さんから人気があるのが特徴です。ちゃんと話しを聞いてくれるので、初めて転職サイト使う人も安心。

看護師の業務内容と給料 (診療科別)の関連記事