精神科看護師の経験は私生活にも影響が?!自分の心を育てることができる。もっと強い私になるために・・・

精神科看護師の経験は私生活にも影響が?!自分の心を育てることができる。もっと強い私になるために・・・


今現在、医療機関の数、患者さんの数ともに増加傾向にありますのが「精神科」です。最も知られているところではうつ病などがあるのですが、現代病とも言われるこのような病気を扱うのが精神科ということになるのです。

精神科看護師の経験は私生活にも影響が?!自分の心を育てることができる。もっと強い私になるために・・・

「仕事自体は楽」という精神科看護師と「本当しんどい」と感じる精神科看護師の違い

精神科で働く看護師に「仕事の過酷さ」を質問すると、様々な回答が返ってきます。ある看護師は「仕事自体は楽だよ」と言いますし、他の看護師の中には「本当に大変な現場だよ」と答える人もいるのです。この違いは、配置されている現場や、職場の方針などが深く関係しています。精神科病棟や外来、急性期など、働く場所によって看護師の業務内容や過酷さは異なります。

また、病棟にも「閉鎖病棟」と「開放病棟」とがあり、解放か閉鎖かという点でも異なる精神科看護になります。「看護師らしい」処置はあまりありませんが、セルフケアの援助が重要になるのです。ただ、どの現場で働いたとしても、共通して言えることは患者とのコミュニケーションが重要になるということ。1人ひとりの患者の個性や特徴を見極めることで、ちょっとした変化にもすぐに察知して的確な対応ができるようになるでしょう。

人の弱い部分を見ることで、深く考える時間を持つ看護師も

精神科は「自分が見える科」と言われる科目。自分自身との戦いに勝つことができれば、精神科で活躍できる必要不可欠な存在になれるのです。人のもろさや弱さを目の当たりにすることも多く、自分自身の感情がコントロールできなくなるときもあります。精神的に苦痛になることもたくさんありますが、自分と向き合う大切な時間と思ってじっくりと考える看護師も少なくないようです。

とにかく大切なのは、職場の相性。精神科勤務だから自分に障害が出るということは一切ない!

「精神科で働くと自分まで精神に障害が生まれそう」だと思っている看護師もいるようですが、実際にそういうことはありません。実際に、患者からの暴言や暴力などを受けることもあり、心が折れそうになることもあります。それでも、患者の症状の1種だと受け入れることで、乗り越えられるようです。精神科看護の道を歩むことを決意したなら、まずは職場を見極めることが大切です。職場によって業務内容やスタッフ同士の雰囲気、患者のレベルなどは全く異なります。

自分に合った職場を見つけることができれば、長期的に精神看護に携われる可能性も非常に高いでしょう。特に連携が重要な現場なので、スタッフの人間関係が良好な職場を見つけることが、就職・転職活動を成功させる大きなポイントになります。一人ひとりの患者の情報を共有し合い、些細なことでも伝えあえる、人間関係の良好な職場を見つけることが大切です。

シェア

【優良】看護師求人サイト
定番はココ!転職成功実績豊富なコンサルタント多数 | ナース人材バンク
https://www.nursejinzaibank.com
的外れな求人を紹介してこない!働きやすい急性期病棟だけでなくケアミックス、クリニックなど幅広く医療機関の求人を紹介してくれます。

利用者の96.3%が転職先に満足!現場目線で看護師の気持ちを理解した転職支援 | マイナビ看護師
http://kango.mynavi.jp/
マイナビ看護師は現場目線にたった情報提供してくれるのが特徴です。師長の評判が良し悪し、最低年1回昇給するか、看護師に残業させないための対策をしているかなど、濃い情報があるので求人選びに役立ちます。

3年連続!看護師人材紹介満足度「第1位」を獲得。全国9万件の看護師求人 | ナースではたらこ
http://iryo-de-hatarako.net
扱っている求人数が多く、そのほとんどが非公開求人です。20代~40代の転職する看護師さんから人気があるのが特徴です。ちゃんと話しを聞いてくれるので、初めて転職サイト使う人も安心。

看護師の業務内容と給料 (診療科別)の関連記事