【産婦人科看護師】 生命誕生の瞬間に立ち会う仕事って素敵だけどその裏側は?

【産婦人科看護師】 生命誕生の瞬間に立ち会う仕事って素敵だけどその裏側は?


看護師が仕事をすることができる科目には産婦人科も含まれているのですが、生命が生まれることを手助けできるなど、かなりやりがいもありますが、もちろんそのぶん大きな責任も感じることになりますので覚えておきましょう。

【産婦人科看護師】 生命誕生の瞬間に立ち会う仕事って素敵だけどその裏側は?

助産師との相性が悪いと、どうしても働きにくい環境になってしまう

他の診療科目と違い、産婦人科で働く看護師は助産師の元で働くというスタイルになっています。一般医療ではない、特殊な分野なので専門的なことは全て看護師任せになってしまうのです。「他の現場ではバリバリと看護師達が働いているのに、ここでは下に周らないといけない」という思いが産婦人科看護師を苦しめている大きな要因と言えるでしょう。

とにかく産婦人科看護師になると決意したなら、助産師の下で働ける精神力と忍耐力を養っておくことが大切です。相性の悪い助産師がいるだけで、かなりのストレスになってしまい、それが原因で退職をしてしまうケースも珍しくないようです。それをクリアできるのなら、比較的楽しく、感動できる環境なので、自分の性質や考え方などと照らし合わせて検討することが必要です。

命の誕生と反対に、命を亡くす、絶つことにも目を向けないといけない

産婦人科は小さな命が誕生するとても感動的な現場である反面で、辛く苦しい想いをすることもある現場です。2012年の厚労省統計によると、人工妊娠中絶数は過去30万件ほどだったのが20万件台にまで減少したと発表しています。それでも減少したと言ってもまだまだ中絶希望者が後を絶たないのが現状です。また、年々若者の中絶者数が増えているのも特徴で、産婦人科で働く看護師はその現実を受け入れなければいけません。

小さな命がなくなってしまうこと、場合によっては母親の方が体を壊してしまうこともあり、華やかなイメージの裏には辛いこともたくさんあるのがこの現場の特徴です。様々な人間模様を目の当たりにすることも多く、仕事を通して人間関係に複雑さを感じることもあるでしょう。産婦人科の規模やスタイルによっては、人工妊娠中絶を行っていないところもあるので、自分に合った産婦人科を選ぶことでより働きやすい環境で活躍できるでしょう。

病院選びで失敗しないために、産科領域を確認したり、看護師の声に耳を傾けたりして!

各産婦人科によって産科領域は様々。多胎妊娠や切迫流産、早産など、出産までには様々なリスクがあります。正常分娩だけでなく、異常分娩や手術などにも対応している産婦人科なら、看護師としての腕を磨くことができるでしょう。また、実際に産婦人科で働く看護師の声を知ると、どういう現場が働きやすいか、どんなところに気を付けないといけないのかが分かるので、病院選びに役立てる事ができるはずです。

シェア

【優良】看護師求人サイト
定番はココ!転職成功実績豊富なコンサルタント多数 | ナース人材バンク
https://www.nursejinzaibank.com
的外れな求人を紹介してこない!働きやすい急性期病棟だけでなくケアミックス、クリニックなど幅広く医療機関の求人を紹介してくれます。

利用者の96.3%が転職先に満足!現場目線で看護師の気持ちを理解した転職支援 | マイナビ看護師
http://kango.mynavi.jp/
マイナビ看護師は現場目線にたった情報提供してくれるのが特徴です。師長の評判が良し悪し、最低年1回昇給するか、看護師に残業させないための対策をしているかなど、濃い情報があるので求人選びに役立ちます。

3年連続!看護師人材紹介満足度「第1位」を獲得。全国9万件の看護師求人 | ナースではたらこ
http://iryo-de-hatarako.net
扱っている求人数が多く、そのほとんどが非公開求人です。20代~40代の転職する看護師さんから人気があるのが特徴です。ちゃんと話しを聞いてくれるので、初めて転職サイト使う人も安心。

看護師の業務内容と給料 (診療科別)の関連記事