看護主任の給料を公開!看護主任の年収ってやっぱり高いの?

看護主任の給料を公開!看護主任の年収ってやっぱり高いの?


看護師業界の役職の中で最もランクの低い看護主任。看護主任になると仕事もハードになり、全体をまとめないといけないという責任感も出てきます。その分給与に反映されますが、看護師と比べてどのくらいアップしているのでしょうか?

看護師の平均年収の1.5倍は固い収入。中途採用でも確実に収入アップは可能

厚生労働省の調査によると、看護師の平均年収は472万円となっています。これは平均年齢38歳、平均勤続年数が7.4年のデータなので、若い看護師になるともっと年収は下回ります。看護主任になると、大体550~650万円の年収となっています。

看護主任手当ては「最大5万」

同じ年齢でもこれだけ収入が違うのなら、多少苦労をしてでも年収を高めたいと思う人も少なくないはずです。主任になると役職手当も支給されますが、地域や病院の規模などによっても大きく左右します。多いところなら5万ほどの役職手当を支給されていますが、大体平均して2~3万円の役職手当となっているようです。

看護主任(管理職)は普通に求人がある

長年勤めてきた職場で看護主任になるケースも多いですが、中途採用でいきなり看護主任を採用することも普通にあります。

その病院では新人ですが、主任という管理職になるので当然給料はみんなのより高いです。

主任や管理職未経験でも採用される

どうせ管理職経験者しか採用されないでしょ?と思ったら大間違い!管理職を目指したい方を採用する病院はあります。

たとえば、ある都立病院は、管理職になりたい看護師が少ないという状況があります。現場が好きな看護師が多い職場では、管理職になってくれる看護師を院内で作れないため、外から募集するのです。

今の病院でポスト空かないなら、転職して管理職の経験をつける

未経験でも管理職、主任として採用してくれる病院を見つけることができればあなたの勝ちです。ただ、いてもいなくても変らないような体制が整ってない病院よりも、管理職としてのキャリアがしっかり積める病院を選びたいですね。

主任募集の求人は普通にあるけど、ほとんどが非公開求人に中に!

管理職募集情報は、看護師求人サイトの非公開求人になっている場合が多いです。管理職を目指す看護師さんなので、転職コンサルタントに相談すれば、管理職手当てが高くて、良い病院の求人を紹介してくれます。

おすすめの病院は夜勤手当も高い病院。主任になってとにかく稼ぐ

現場全体をまとめ、指揮をとる立場の主任ですが、夜勤ももちろん仕事に含まれています。積極的に夜勤を入れて、稼ぐことも可能。夜勤手当も高い病院が良いですね。

ナース人材バンクは、管理職求人が多く、年収アップ転職の実績が多い転職支援サービスです。まずは1分の無料会員登録。そして、どこの病院が募集しているのか、自分に合う病院がありそうか相談してください。めどが立ってから退職準備に進むのが良いでしょう。

まとめ

もっと上を目指したい、もっと年収を高めたいという人にとって、第1ステップになるのが看護主任。将来師長なることを目標とするのなら、1番の近道である看護主任になることからスタートし、主任経験の実績をつけてください。

シェア

【優良】看護師求人サイト
定番はココ!転職成功実績豊富なコンサルタント多数 | ナース人材バンク
https://www.nursejinzaibank.com
的外れな求人を紹介してこない!働きやすい急性期病棟だけでなくケアミックス、クリニックなど幅広く医療機関の求人を紹介してくれます。

利用者の96.3%が転職先に満足!現場目線で看護師の気持ちを理解した転職支援 | マイナビ看護師
http://kango.mynavi.jp/
マイナビ看護師は現場目線にたった情報提供してくれるのが特徴です。師長の評判が良し悪し、最低年1回昇給するか、看護師に残業させないための対策をしているかなど、濃い情報があるので求人選びに役立ちます。

3年連続!看護師人材紹介満足度「第1位」を獲得。全国9万件の看護師求人 | ナースではたらこ
http://iryo-de-hatarako.net
扱っている求人数が多く、そのほとんどが非公開求人です。20代~40代の転職する看護師さんから人気があるのが特徴です。ちゃんと話しを聞いてくれるので、初めて転職サイト使う人も安心。

看護主任の年収&仕事&求人の関連記事